2009年03月16日

幼児期の学習障害

「幼児期」の学習障害の症状は以下のようになります。

落ち着きがない、ふらふら歩きまわる
ぼんやりしていたり、人の話を聞いたりしていないことが多い
無気力な場合がある
集中力がない、まわりの刺激が気になる
特定のものでばかり遊ぶ
物事の順番にこだわり、執着する
視線を合わせようとしない
母親と引き離されるとパニックになる
歩き方がおかしい
手先が不器用で、お箸や鉛筆などがいつまでたってもうまく持てない
よく転んだりする
靴を左右間違えて履いている
遊びのルールを覚えられず、なんでもすぐに忘れてしまう
できることできないことに差がある
緊張しやすい
集団行動がとれない
順番待ちができない
言葉の遅れがある、言い誤りが多い
言葉の数が増えない
よく聞き返す

上に書いてある点だけではなく、これ以外にも無数あります。
これらの症状が多く現れたりします。

「幼児期」では、これらは学習障害の子ではなくても現れる場合があるので、それが学習障害であるのかどうか、区別が難しいです。
幼児期になると、保育園、幼稚園などで先生方の目に触れ、少しおかしいなと気づかれる場合もあります。
他の子と遊ぶ機会も増え、比較することで何かおかしいと思う時もあります。
ただ、気づいた場合に指摘すると、母親は反発することも多いでしょう。

こういう症状が見られた場合、周りの大人は「どうしてできないのか?」などと責めることなく、温かく見守り、できた時には褒めてあげて、心の交流を教えてあげるといいでしょう。

 氷結ラーメン
 川越
 三井アウトレットパーク入間

posted by @@@ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習障害と左利き

学習障害となることに、左利きが関係している、とする説が多くあります。
というのも、学習障害児に、左利き、両手利きの割合が多いからです。
すべての人口からみた左利きの割合と比べると、明らかに多くなっております。

利き手が存在するように、脳にも利き脳が存在します。
言語機能は従来左半球に偏在しているそうです。
右利きの人の95%は左半球優位となっております。
いっぽう左利きの人は、言語機能が片側に偏ることはないと言われております。
こういったことが、脳に混乱を起こさせているとも考えられます。

しかし、左利きを無理やり矯正した結果とする説もあります。
昔から左利きは子供の意思にかかわらず無理やり矯正されがちであり、学校や家庭において直される場合が多くありました。
社会生活においても、右利き用に作られていることが多く、左利きであると不便を強いられ、さらに親のしつけがなっていなかったからだなどと言われるようなことが多くありました。
現在でも、駅の改札は右側から切符を入れたり、自動販売機のコイン入れも右側にあったり、右利きの人が使いやすいように設計されているものが多くあります。

脳が左手を指示しているのに、親が子供に無理やり右手でやるように指示することで、子供にとってストレスとなり、それらが脳に悪影響を与えているとも考えられます。

実際のところはそれらが関係しているのかどうかは分かっておりませんが、学習障害の人に左利きが多い、というのは確かだそうです。

最近では、右利き有利の世の中が見直され、左利きでも使いやすいよう、ユニバーサルデザインと呼ばれるものや設計が浸透しつつあります。
しかし、アメリカなどに比べて日本ではまだまだユニバーサルデザインが遅れているように感じます。
これからの動きに注目したいところです。

 デトックスフットスパ
 デコサン
 デニンス
 5本指サンダル

posted by @@@ at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳児期の学習障害

学習障害は、子供の成長過程によって症状の発見のポイントとなる点があります。

まずは「乳児期」における学習障害について。

おとなしくて、手がかからない
一人座りや立ち、歩くなどの進歩が人より遅い
触られることを嫌がる
あまり眠らない
かんしゃくを起こしやすい
視線を合わせない
話し言葉の遅れがみられる
大人の真似をして言葉を発することがみられない
特定のものばかりに興味を示し、他には興味を示さない

こういった症状がいくつかみられます。
「乳児期」ではなんとなくおかしいとは思ってみても、ただ他の子より発達が遅れているだけでそのうち追いつくだろうと、親も学習障害を疑わない場合が多いです。
特に、母親が家でひとりで子育てしていると、他の子との比較はあまりできないので、気づくのが遅れるでしょう。

乳児期の変化に気づくためには、母親以外の人間と子供が接することが重要です。
母親はどうしても自分の子が他と違っているとは思いたくないものです。
もちろん父親だってそうだと思いますが、母親とは違った視点からみることができるかもしれません。
日中ともに過ごすことが少ないので、少し離れて見られるのではないかと思います。

それから、母親の親が一番発見できるかもしれません。
一度子育てを終えているので、その点から見て少し違った点があれば気づくことができるかもしれません。

ただ、早期発見は確かにいいことではありますが、少しこの症状が見られたからと言って、安易に学習障害と決めつけるのは良くありません。
やはり専門家の意見を聞くことが大切になってきます。

 亀田ジム
 空のグルメ合戦
 母性内科
 ハンズビー

posted by @@@ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トウレット症候群

学習障害は、チックと呼ばれる症状を起こす場合があります。
チックとは、目をしばたかせる、手や足を叩きつける、顔をゆがめる、肩や首などを不自然に動かし続ける、咳払いを繰り返す、短く奇声をあげることを繰り返す、などの症状のことを呼びます。

トウレット症候群はその中でも重症の場合で、運動チックと音声チックを伴います。
運動チックは、不自然な身体の動きが反復して現れ、それが多発します。
音声チックは、短い音声をあげたり、意味不明な言葉を繰り返したり、時には汚言を繰り返すこともあります。
学校や家庭生活に支障が出る場合もあります。

多くは6〜8歳に出現し1年以上続きます。
女の子より男の子に多くみられるそうです。

併発症として、学習障害、注意欠陥多動性障害、強迫性障害、睡眠障害などがあります。

かつては、育て方に原因がある、とか、愛情が足りないからだ、とか、両親を責めるようなことがよく言われました。
しかし、最近の医学においては、チックは大脳の基底核の病気であり、ドーパミン神経系の過敏から来ていると考えられるようになりました。

諸外国ではこの研究は古くからなされ、世間に周知させるとともに、その環境を整える基礎ができています。
日本では、まだまだ世間に周知されておらず、診断や治療を正しく受けられていません。
チックが起きるといまだに「家庭の問題に原因がある」「精神的な問題」などとみなされがちで、ご両親などは苦しい思いをされている方もいらっしゃいます。

日本において、学習障害といい、注意欠陥多動性障害、トウレット症候群といい、諸外国に遅れている部分が多々あり、まだまだ研究すべき点は数々あると思われます。

 損保ジャパンの特徴と口コミ情報
 ソニー損保の特徴と口コミ情報
 AIUの特徴とクチコミ情報
 東京海上の特徴と口コミ情報

posted by @@@ at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペルガー症候群

学習障害と混同されがちなものに、「アスペルガー症候群」があります。
アスペルガー症候群とは、自閉症の一種と言われます。
高機能自閉症とアスペルガー症候群をまとめて「広汎性発達障害」と呼ぶ場合もあります。
高機能自閉症とアスペルガー症候群との違いは、専門家の間では各々見解が異なり、明確な区分は成立しておりません。

アスペルガーの人は、3つの障害が合わさっていると言われます。
1、社会性
2、コミュニケーション
3、想像力

社会性では、人の気持ちを推測したりすることが苦手です。
意思の疎通が困難であり、孤独感にさいなまれやすくなります。
コミュニケーション能力では、言葉は話せますが、一方的であったりします。
感情や情緒を表す言葉は苦手です。
想像力では、大変限定された趣味を持ったり、変わったものをコレクションしたり、遊びの部分でかなりのこだわりを持ったりします。

視覚、聴覚等の感覚分野において、過敏になる、あるいは鈍感である場合があります。
手先の不器用、動作の不器用などがあります。
字を書くのが苦手な場合もあります。
(学習障害が現れる場合)

アスペルガー症候群の人は、自分の興味のあるものにとことんこだわり、異常なまでに調べ上げ、相当な知識を持ちます。
それにより、社会的に活躍した人も多数存在します。
プログラマーなどのような仕事に就く人も多く、ビルゲイツもアスペルガー症候群だと言われています。

アスペルガー症候群の人の場合、独特のこだわりをやめさせるのではなく、活かす方向で支えてあげると、思った以上の成果を挙げることになるでしょう。

 自動車保険3
 あいおい損保の特徴と口コミ情報
 アメリカンホームダイレクトの特徴と口コミ情報
 エース保険の特徴と口コミ情報

posted by @@@ at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。